スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/12TRUE VINEリハレポ

食べすぎちゃった小倉のリョウコです。

直方クリスチャンセンターで17時~21時ちょい過ぎまで
行われた賛美集会の模様をお伝えしますね。

手作り料理やデザート、パンにお菓子、本当に、
ただの一通りもめぐれない程の量がテーブルに並べられ、
談笑しながらどれも美味しく頂きました。
080712_173934.jpg


初めての参加者の自己紹介から、
7・8月の誕生日の方、結婚記念日の方を歌でお祝いしました。

それからgospel worshipへ・・・

Beloved でお馴染みの曲では
♪ Oh give thanks

♪ Lord I thank you

♪ High and lifted up

♪ Sing


を歌いました。
会場の方々もパートごこに分かれてもらって、ほんのちょっとだけ練習・・・
080712_185117.jpg

みんな飲み込み早っっ!!
すぐに会場一体となって楽しく歌えました。

080712_195238.jpg

その後そもそも worship とは何ぞや・・・
本当の意味での賛美・・・
をテーマに深いお話がありました。

先日の小倉レッスン参加者は聞いてると思いますが、
サンクチュアリーの話も出ましたよ。

場所(建物)は関係ない。
ただ歌う事ではない。
ただ手を掲げる事ではない。
集会やイベントにただ参加する事ではない。

本当の賛美は神様に心を預ける事なのだ。

Beloved Gospel Choirの皆は
気心のしれた人ばかりだからこんな話も出来るんだと思うけど、

ぶっちゃけ私はクリスチャンじゃないですので、
教会そのものへ立ち入る事や、
ゴスペルという宗教上も歴史上にも、
特殊な歌を歌う事(特にこの様な敬虔なクリスチャン集会で歌う事)は、
少なからず、「私みたいのが、ここに居ていいのかな・・・」って思いがありました。

数年前にゴスペル歌い始めて、無宗教なのはそのままでも、
少し見方が変わったかな~って、
昨日歌いながらココロに再発見がありました。

歌とは本当に不思議なものです。
人種も性別も年齢も宗教も身分も
超えられるのは多分音楽だけでは??

ここに居ていいのかな・・・って感じなくなってました。

皆が平和にウマイご飯をつつき合い、楽しい歌を歌う。

多分それって楽園じゃない??って思えたから。

思い思いのココロの平安をこの一夜に分かち合うってイイね。

真実のつるにたわわに実った笑顔かな。

と思ったのでした。

ではではアディオース。
ワークショップの様子を少し携帯の動画で撮りました。
興味のある方はどうぞ↓

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。